食と生活習慣病は繋がっている?気をつけたい食生活のポイント【管理栄養士執筆】

食と生活習慣病は繋がっている?普段から気をつけたい食生活のポイント

執筆者プロフィール

執筆者アイコン

管理栄養士
柏木 優

管理栄養士/エキスパートファスティングマイスター/食生活アドバイザー他
大学卒業から7年間は食品会社で品質保証業務を行い、その後、特定保健指導管理栄養士として生活習慣改善のためのサポートに携わる。また、ファスティングサポートや日常的な栄養相談なども行いながら、コラム執筆など様々な栄養の仕事をしている。

あなたは「生活習慣病」という言葉を聞いたことはありますか?現在の日本では、生活習慣病にかかってしまっている方、まだなってはいないけれどその予備軍の状態の方、を合わせると本当に多くいらっしゃいます。では、何故こんなにも生活習慣病の人が多いのでしょうか?どんな人が生活習慣病にかかっているのでしょうか?

今回は食と生活習慣病の関連性と、気をつけるべきことについてお伝えします。

生活習慣病とは

生活習慣病とは

そもそも、生活習慣病って何なんだ?と思う方もいらっしゃいますよね。生活習慣病とは、その名前の通り、食事や運動、喫煙、飲酒、ストレスなどの生活習慣が原因で起こる病気の総称です。昔は「成人病」と呼ばれていましたが、成人でなくても発症する可能性もあり、成人でも生活習慣の改善により予防が可能であるため、「生活習慣病」と改称されました。

具体的な病名で言うと、動脈硬化症、糖尿病、高血圧症、脂質異常症などよく聞く有名な名前の病気の他に、日本人の三大死因であるがん、脳血管疾患、心疾患も生活習慣病に含まれています。

日本の三大死因である病気やその原因となる数々の病気が生活習慣病に含まれていると言うことは、言い換えてみれば今の日本人の死因はほぼ生活習慣病であると言えます。

ですので、生活習慣病を改善することは、死につながる病気のリスクを下げることになり、その重要性は大変大きいのです。では、生活習慣病を引き起こす原因の中から、食事についてどういった関連性があるのかについて見ていきましょう。

食と生活習慣病の関連性

食と生活習慣病は大きく関係しており、食を改善することで病気の予防に繋がります。私たち日本人は、昔はご飯や味噌汁を中心とした和食が基本の食事でした。ですが最近では欧米化が進み、当たり前のように洋食が食卓に並ぶ時代になっています。

共働き家族の増加により、手軽に作ったり食べることのできる食事を選ぶようになったのが欧米化の理由のひとつです。パスタ、カレーライスなど、それ一品でもすますことのできる食事が続くこともありますよね。

しかし、日本人は元々欧米人ほど糖質を体で代謝する機能が備わっていないため、糖質中心の食事が続いてしまうと血中に糖質が残ってしまうようになり、結果的に糖尿病や他の病気にも繋がっていきます。また、同じ理由で、冷凍食品やインスタント食品などの加工食品を利用する方も多いと思います。ですがそれらには保存のために多くの食塩や添加物が含まれており、摂りすぎると高血圧症などの原因にもなってしまいます。

食品添加物って何?無添加が安全?調べてみました! 安心安全に気を配っている食材宅配ランキング

食と生活習慣病の関連性と気をつけること

食と生活習慣病の関連性と気をつけること

では、生活習慣病にならないようにするためには、どのようなことを気をつけるのが良いのでしょうか?4つのポイントに分けて説明していきます。

①ゆっくりよく噛んで食べる

「1口30回噛みましょう」などと言われたことはありませんか?これはただ噛む回数を増やせるからと言う理由で言われているのではなく、ちゃんとした理由があります。

噛むことで食品をまず口の中で分解するのですが、あまり噛まないで呑み込んでしまうと、消化器官での消化による負担が増えてしまいます。本来なら代謝に使うはずだったエネルギーを消化にたくさん使ってしまうため、退社しきれなかった分が内臓脂肪などとして体に蓄えられてしまいます。

②腹八分目を心がける

お腹一杯に食べてしまうと、食欲をコントロールしている脳の満腹中枢が食欲にブレーキをかけられなくなってきてしまいます。その結果、食欲のコントロールもうまくいかなくなり、過食を招いてしまいます。そうすると悪循環にはまってしまい、脂肪が蓄積されていき、生活習慣病の要因となってしまいます。

③夜寝る2〜3時間前までに食事は済ませる

夜寝る2〜3時間前に食事をする習慣が続くと、脂肪細胞から分泌されるレプチンと言う物質がうまく働かなくなり、食欲の抑制ができなくなってしまいます

食欲の抑制ができないとなると、いくらでも食べられる状態が長く続いてしまうため、過食と繋がり、メタボリックシンドロームをも招きやすくなります。

④なるべく何からできているのかがわかりやすい食品を選ぶ

これは、例えば極端な話ですが、ケーキと白飯に例えるならば、ケーキには一般的に小麦やバターなどが使われていますが、ケーキの見た目だけでその食品がどの程度、どんな種類のものが使われているのかはわかりませんよね?

反対に白飯は、鍋や炊飯器で炊いて、ほぼそのままの形で食べることができ、見た目でおおよその量が把握できます。

このように、なるべく調理する前の食材に近い形で、何からできているのかがわかるものを選ぶことは大切です。加工が加われば加わるほど、調味料や添加物が入る可能性も高くなります。塩分量や糖質量が多い食品を食べすぎることで、高血圧や糖尿病のような病気のリスクも上がります。

食から見直して健康を意識しましょう!

食と生活習慣病の関係性についてお話ししてきましたが、いかがだったでしょうか?

食べるものは、生活習慣病と大きく関わっています。食品の選び方や食べるときに気をつけられる簡単なポイントを実行するだけでも、生活習慣病に対するリスクが軽減できたり、防ぐことができます。ぜひ次回のお食事から気をつけるポイントについて、取り入れてみてくださいね。

バランスを意識するのが大変!という方は食材宅配冷凍弁当ミールキットなどの便利なサービスを利用するのも手ですよ。

おすすめはウェルネスダイニング!
管理栄養士監修!栄養バランスが整っている冷凍弁当と冷凍ミールキットが魅力
ウェルネスダイニングの栄養バランス気配り食は、全体的な食事バランスを気にしている人にピッタリ。カロリーが300kcal前後、塩分が2.5g以下に抑えられているので「制限食ほどではないけどバランスを気にしたい」場合にオススメです。

ウェルネスダイニングの栄養バランス気配り宅配食はこちら≫

健康応援気配り宅配食は、カロリー300kcal以下、塩分2.5g以下に抑えられているのでこちらもオススメです。

ウェルネスダイニングの健康応援気配り宅配食はこちら≫

ミールキットも冷凍弁当と同じように、カロリーや塩分などがしっかり管理されているので、こちらもオススメです。冷凍なので長期保存もできますよ。

ウェルネスダイニングの冷凍ミールキットはこちら≫

悩んだらコレ!食材宅配くらぶのおすすめ
大地を守る会

大地を守る会

結局どれが良いの?悩んでしまう方には大地を守る会がおすすめです!
安全でおいしい野菜が全国配送!商品の種類も豊富なので欲しいものが買えちゃいますよ。
お試しセットは魅力的な商品がたっぷり!買って損はありません。

大地を守る会の公式サイトはこちら»

配送地域内ならピカイチ!
パルシステム

パルシステムのお試しセット

比較的安く安心安全な商品が買えるパルシステムは、商品の質も良いと大人気!配送地域が関東近辺11県と限られてしまいますがとってもおすすめできるサービスです!
お試しセットでオイシックスと食べ比べるもよし、資料請求でじっくりとサービス内容を確認するもよし、どんな商品があるかしっかり確認できますよ!

総合おすすめランキングを見る≫